CAがおすすめするデンタルケアグッズとは?【虫歯予防・口臭予防】

 

ハム子
ハム子

こんにちは。
日系航空会社と外資系航空会社で客室乗務員をしておりました、ハム子と申します。

今日は現役時代から使っているデンタルグッズについてご紹介いたします。

ミカちゃん
ミカちゃん

CAはお客様と密接に関わるお仕事ですから、口臭には特に気をつけたいですよね。

ハム子
ハム子

そうですね。

またCAは業務上、不規則な食生活となりますので、虫歯にもなりやすく、丁寧なケアをしなければなりません。

ミカちゃん
ミカちゃん

確かにCAは早番だったり、遅番だったりするので、毎日ご飯を食べる時間が異なりますもんね。

ハム子
ハム子

そうなんです。

そんな中でも虫歯ゼロで、歯医者さんに褒められる綺麗な歯を維持できているので、これから説明する内容は信頼性があるかと思います。

 

CAがおすすめするデンタルケアグッズとは?

ハム子
ハム子

では、CAがおすすめするデンタルケアグッズについて、一つ一つご紹介していきます。

 

歯ブラシ

ハム子
ハム子

まずは歯ブラシで歯を磨きます。

これはみなさんやってますよね。

ミカちゃん
ミカちゃん

そうですね。

何か特別な歯ブラシがあるのですか?

ハム子
ハム子

歯ブラシは何でも大丈夫です。

ですが、大きさは少し小さめで、硬さは少し柔らかめがおすすめです。

ミカちゃん
ミカちゃん

何でですか?

ハム子
ハム子

少し小さめの方が奥歯まで磨くことができ、柔らかめの方が歯茎を傷つけないからです。

ミカちゃん
ミカちゃん

なるほど!

ちなみにハム子さんはどんな歯ブラシを使っているのですか?

ハム子
ハム子

私は歯医者さんでいただいた、以下の歯ブラシを使っていますが、ドラッグストアで売っている歯ブラシでも大丈夫ですよ。

ミカちゃん
ミカちゃん

わかりました!

ハム子
ハム子

それから、歯を磨き終わったら、舌もしっかり磨きましょうね。

そうすることで口臭予防になります。

歯ブラシは大きさは少し小さめで、硬さは少し柔らかめを使いましょう。
また、舌もしっかり磨きましょう。

 

細い歯ブラシ

ハム子
ハム子

普通の歯ブラシで歯を磨き終わったら、今度は細い歯ブラシを使います。

ミカちゃん
ミカちゃん

普通の歯ブラシだけではいけないのですか?

ハム子
ハム子

普通の歯ブラシだけでは、奥歯と歯茎の境目など磨きづらいところを磨くことができず、虫歯になってしまいます。

細い歯ブラシでは磨きづらいところも磨くことができるので、虫歯予防につながります。

ミカちゃん
ミカちゃん

なるほど!

ハム子さんはどんな細い歯ブラシを使っているのですか?

ハム子
ハム子

私は以下の細い歯ブラシを使っていますが、こちらに関してもドラッグストアで似たようなものを購入すれば大丈夫です。

ミカちゃん
ミカちゃん

わかりました!

 

普通の歯ブラシだけでは磨き残しがあり、虫歯に繋がります。
細い歯ブラシも使って、奥歯と歯茎の境目など、隅々まで磨きましょう。

スポンサーリンク

 

アパガードリナメル

ハム子
ハム子

普通の歯ブラシと細い歯ブラシで歯を磨いた後は、普通の歯ブラシでアパガードリナメルを歯の表面に塗ってください。

ミカちゃん
ミカちゃん

アパガードリナメルとは何ですか?

ハム子
ハム子

髪の毛を洗うときはシャンプーの後にトリートメントをしますよね?

アパガードリナメルは歯磨き(シャンプー)の後のトリートメントのようなものです。

ミカちゃん
ミカちゃん

なるほど!

アパガードリナメルにはどんな効果があるのですか?

ハム子
ハム子

アパガードリナメルを塗ることで、歯の表面がツルツルになり虫歯になりにくくなります。

特に私はホワイトニングをしているので、そのダメージから歯の表面がザラザラしていたのですが、アパガードリナメルを塗り始めてからは歯がツルツルになり、健康的な歯になりました。

また、歯の本来の白さを保つことができるので、ホワイトニングの効果を持続させることができています。

ミカちゃん
ミカちゃん

それはいいこと尽くしですね!

ハム子
ハム子

そうなんです。

虫歯のできやすい私が、アパガードリナメルを使うようになってから、一切虫歯ができなくなりました!

歯医者さんもおすすめしている商品なので、信用できると思います。

ミカちゃん
ミカちゃん

これはぜひ買ってみたいです!

歯磨きが終わった後、トリートメントとしてアパガードリナメルを歯の表面に塗ることで、歯の表面がツルツルになり虫歯予防になる。

フロアフロス

ハム子
ハム子

アパガードリナメルを塗った後は、洗い流す前に、フロアフロスを歯間に通してください。

ミカちゃん
ミカちゃん

フロアフロスとは何ですか?

ハム子
ハム子

フロアフロスとはデンタルフロスのことで、h歯間汚れを取ることができます。

ミカちゃん
ミカちゃん

デンタルフロスはドラッグストアにも色々な種類が売っていますが、フロアフロスでなければいけないのですか?

ハム子
ハム子

私は様々なデンタルフロスを使ってきましたが、フロアフロスが断トツでおすすめです。

他のデンタルフロスは細すぎるので歯間汚れを取りきることができませんが、このフロアフロスは水分に反応してフロスが広がるので、汚れをガッツリ取ることができるんです!

こんなに気持ちよく汚れを取ることができるフロスは他にありません!

こちらに関しても、歯医者さんおすすめの商品なので、信用できると思います。

 

ハム子
ハム子

長さが45mのものと250mのものがあるので、まずは45mから試して、気に入っていただけたら250mを購入されることをおすすめします。

私は45mのものはステイ先で使う用に、250mのものは自宅で使う用にしていました。

ミカちゃん
ミカちゃん

なるほど!

45mは持ち運びしやすいですもんね!

ハム子
ハム子

そうなんです。

 

ミカちゃん
ミカちゃん

一つ質問があるのですが、冒頭で『アパガードリナメルを洗い流す前にフロアフロスを通してください。』っておっしゃってましたよね?

先に洗い流してからフロスを通すのではいけないのですか?

ハム子
ハム子

先に洗い流してはいけません。

アパガードリナメルには歯に浸透させるための時間が必要なんです。

ですので、洗い流す前にフロスを通す必要があります。

フロスを通し終わった頃には、ちょうどアパガードリナメルが歯に浸透しているはずですので、最後に口をゆすいでください。

ミカちゃん
ミカちゃん

なるほど!

口をゆすぐタイミングも大切なのですね。

 

アパガードリナメルを塗った後、洗い流す前にフロアフロスをかけましょう。
フロアフロスを使うことで、歯ブラシでは落とすことのできない歯間汚れをゴッソリ落とすことができます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ハム子
ハム子

今回はCAがおすすめするデンタルケアグッズについてご紹介しました。

内容を以下の通りまとめます。

  1. 歯ブラシで歯と舌を磨く
  2. 細い歯ブラシで奥歯と歯茎の境目を磨く
  3. 歯ブラシでアパガードリナメルを歯の表面に塗り、トリートメントする
  4. フロアフロスで歯間の汚れを取る

 

ミカちゃん
ミカちゃん

私も歯医者さんに褒められる歯になるように、上記の流れでデンタルケアを頑張ります!

 

CA美容
元CAハム子のブログ
タイトルとURLをコピーしました