CAの面接では何を聞かれるの?これだけ準備しておけば安心!54項目

 

今日はCAの面接で聞かれること(私が実際に聞かれたことや他の受験者の方が聞かれていたこと)をご紹介いたします。

面接の台本を作る際に是非参考になさってください。

これからご紹介する質問の台本を全部考えれば、おそらく怖いものはないと思います。

たとえ他のことを聞かれたとしてもこれだけの台本を考えておけば、他の台本で考えたことを応用して答えることができるからです。

 

絶対に聞かれる質問

1.自己紹介
2.志望動機、転職理由(既卒)
3.自己PR、強み

 

これらの3項目はマストです。

また『自己紹介と自己PRを合わせて1分で』や『志望動機と自己PRを合わせて1分で』などと時間指定されることもあるので、短い時間を指定された時に”これだけは絶対言いたい”ということを予め決めておいて、時間オーバーせず、且つアピールしたい部分をしっかり伝えられるように準備した方が良いです。

スポンサーリンク

 

聞かれる可能性が高い質問

1.弱み、不足していること
2.現職退職理由(既卒)
3.最近気になるニュース(一般のニュースと航空関係のニュース)
4.どのように会社に貢献出来るか
5.現職もしくはアルバイト先での成功談
6.現職もしくはアルバイト先での失敗談
7.今まで壁にぶつかったこと、挫折したことは何か、またどうやって乗り越えたか

8.最近受けた良いサービス
9.最近受けた残念なサービス
10.現職を辞めることは問題ないか(既卒)
11.仕事中にクレームがあった際の対処法
12.今まで困ったお客様に出会ったことはあるか

 

1の弱み、不足していることについては特に聞かれる可能性が高いです。

ポイントとしてはマイナスなことを聞かれてもプラスに聞こえるように答えることが大切です。

例えば『真面目すぎて人から頼まれたことは断れない(⇄相手の気持ちを尊重できる、お人好し)』や『 心配性で細かい部分を気にしてしまう(⇄仕事が丁寧)』などです。

弱みと強みは表裏一体ですので、自分がどんな短所を持っているのかわからない時は、自分の長所のデメリットを考えると良いです。

スポンサーリンク

 

聞かれる可能性がある質問(サンプル台本あり)

1.最近笑ったこと
2.どんな性格か、友人の中でどんな役割か
3.〇〇(受験する企業)の魅力
4.今までで一番後悔したこと
5.新しい就航地を作るとしたらどこか
6.〇〇(受験する企業)の印象
7.〇〇(受験する企業)の改善点
8.ストレス解消法
9.お客様にどんなサービスを提供したいか
10.体力に自信はあるか
11.協調性はあるか
12.5年後どうありたいか
13.今まででもらったプレゼントで一番嬉しかったものは何か
14.緊張しないようにする方法
15.お休みがあったら何がしたいか
16.〇〇(受験する企業)が生き残るには
17.日常生活で気をつけていること、大切にしていること
18.仕事をする上で気をつけていること
19.理想の女性像
20.上司とぶつかったらどうするか
21.他の航空会社も受験しているか
22.ここに来るまでどんなことを考えたか
23.苦手なタイプの人にあった時はどうするか
24.現職もしくはアルバイト先のいいところ
25.現職もしくはアルバイト先の悪いところ、不満
26.自分の長所を仕事で活かしているか(既卒)
27.チームとしてフライトするために何が必要か、どのように貢献出来るか
28.自分を色に例えると何か
29.自分を動物に例えると何か
30.仕方なく搭乗される方がいたらどうするか
31.現職、アルバイトを辞めたいと思ったことはあるか
32.インチャージの経験はあるか(既卒)
33.家族はどう思っているか
34.海外経験はあるか
35.趣味、特技、休みの日は何をしているか
36.好きな言葉、座右の銘
37.質問はあるか
38.最後に一言

 

これらの全ての項目に対して台本を考えていると、自分の考えや言いたいことが上手く文字に起こすことが出来ずに壁にぶつかることがあるかと思います。

そんな時に私は人生の質を高めるためのルールが書かれている『礼節のルール』という本を読んで、自分の思いにぴったりなフレーズを探して台本に盛り込んでいきました。

こちらの本は学生時代にJALのVIP対応の教官をされていた元客室乗務員の素晴らしい先生に授業中に紹介していただいた本です。

 

本に書いてあるフレーズをそのまま使うのではなく、自分なりの言葉に変えて話すことで自分の想いがこもった、面接官に伝わるフレーズになります。

面接に使わなくても日常生活を送る上で、大切なことを思い出させてくれるオススメの本です。

私は『日常生活で気をつけていること』としてこちらの本を参考にし、下記の台本を考えました。

私が日常生活で大切にしていることは『陰徳(いんとく)』という言葉を常に自分の心に留めておくようにしています。『陰徳』とは見返りを期待せず、感謝も望まず、褒められることも求めないという意味です。誰も気づかないところで誰かのために自然と何かができるということはとても素敵なことではありますが、とても難しいことだと思います。ですが、常に心に余裕を持ち陰徳を積める人間でありたいなと思いました。

 

私は正直『陰徳』というフレーズは知りませんでしたが、自分の考えに一致した意味でしたので、こちらの言葉を使って自分の思いをまとめました。

是非参考になさってください。

 

そして最後に、CAになるには高い教養も必要となります。

高い教養を身につけるためには、色々な方の考えを知ることや幅広い分野の本を読むことが大切です。

ですが、忙しくてなかなか本を読む時間がない方が多いかと思います。

そんな方にお勧めなのがAudible(オーディブル)という本をアプリで聴けるサービスです。

こちらですと通勤通学などの移動時間に本を耳で聴くことができ、時間がない方でもたくさん本を読んで高い教養を身につけることができます。

さらに、今、Audible(オーディブル)に申し込むと、30日間無料で体験することができ、その間は本を1冊無料でダウンロードできます。

特別なキャンペーン期間中には、2ヶ月間無料になることもあります。

そして無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

登録後に即解約したとしても、30日間は無料で体験できます。

31日目からは自動的に有料会員となり、月額1500円がかかりますので、ご注意ください。

また、ダウンロードした本はオフライン再生もできるので、電波が届かないところでも本を聴くことができます。

退会後もアプリに本のデータは残るので、ダウンロードした本は自分のものとなります。

とてもお勧めですので、是非使ってみてくださいね。

 

CA
元CAハム子のブログ

コメント

  1. […] そちらに関しては、CAの面接では何を聞かれるの?これだけ準備しておけば安心!54項目という記事で公開しておりますので、是非ご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました